同じPCにOffice 2019とOffice 2016 製品の一部が共存きる!

Office 2019 と Office 2016 は、同一 PC 内で共存できないということで困っている方はいるでしょう。Office Personal 2016 に PowerPoint 2019を追加して使うことが可能です。今回は、異なるバージョンのOfficeを同一 PCにインストールする際の条件を確認してみましょう。


office-kyouzon.png

インストール方式が左右する


Office 2013からはマイクロソフトが「クイック実行」というインストール方式を導入しました。その前は「MSIインストール方式」を利用していました。


Office 2013とOffice 2016では、ボリュームライセンスを「MSIインストール方式」で提供していましたが、Office 2019では「クイック実行」のみで提供しています。


そして、同じインストール方式の異なるバージョンが同一 PC に混在できない。


例えば、Office 2013やOffice 2016は、Office 2019とインストール方法が同一なため、同一 PC 環境に共存できません。Office 2010は「MSIインストール方式」のため、共存できます。



しかし、同じバージョンの MSI 方式とクイック実行方式 が共存できません。


Office 2019は、「クイック実行」のみで例外ですが、Office 2016でこんな問題がありそうです。


例えば、Office Personal 2016(WordとExcel、Outlook)がインストールされているPCに、ボリュームライセンスのPowerPoint 2016「MSIインストール方式」をインストールすることはできません。


Office Personal 2016
(ビルト16/クイック方式)
PowerPoint 2016
ボリュームライセンス
(ビルト16/MSI方式)
Office Personal 2019
(ビルト16/クイック方式)
PowerPoint 2016
ボリュームライセンス
(ビルト16/MSI方式)
Office Personal 2016
(ビルト16/クイック方式)
PowerPoint 2016
(ビルト16/クイック方式)
OK
Office Personal 2019
(ビルト16/クイック方式)
PowerPoint 2016
(ビルト16/クイック方式)
OK

以上は、インストール方式による同一PCに共存問題です。


アプリケーションが重複 する


Office Personal 2016(WordとExcel、Outlook)がインストールされているPCに、PowerPoint 2019を追加すれば、Word と Excel、Outlook は2016で、PowerPointは2019で共存できます。


しかし、Office Personal 2016(WordとExcel、Outlook)が搭載されているパソコンにWord 2019とExcel 2019、Outlook 2019のどれかを追加インストールした場合、共存できません。


Office Personal 2016
(Word 2016、Excel 2016、Outlook 2016)
PowerPoint 2019OK
Office Personal 2016
(Word 2016、Excel 2016、Outlook 2016)
Word 2019

同じように、Office Home & Business 2016に Access 2019を追加はOK。


32 bit製品と 64 bit製品 は共存できません


Office Personal 2016の64 bit製品をインストールしている場合、PowerPoint 2019の32 bit版を追加することはできません。


そのため、追加するアプリをインストールする前に、PCにインストールしているOfficeのビット数を確認して、同じビット数のアプリをインストールしてください。


Office のバージョン情報からOfficeのビット数を確認できます。


そのOfficeバージョンを確認する方法について以下の記事を参考してください。


Office のバージョンを確認する方法


ストアアプリ版は共通できません


プレインストール Office にはWindows ストア配布版として入った製品が存在します。


このストアアプリ版の Office はMSI ともクイック実行とも共存不可です。


office バージョン情報から確認できます。


ストアアプリ版をインストールしている場合、マイクロソフトアカウントからクイック実行版に変更できます。


最後に


Office を同じPCに共存する方法について紹介しました。


特に、新しいバージョンのOfficeを同じPCに追加して使うという方は参考にしてください。

関連する記事

この記事へのコメント